教育が重要

たくさんの「良い声」を届けます

テレアポを行う際も、しっかり社員教育や商品知識を身につけたアウトソーシングを専門で行う会社にお願いするとよいでしょう。
そうすることで、お客様へ無礼がなくしっかりとしたテレアポを行ってもらい、成約率の向上、顧客満足度の向上につながるでしょう。

そういった理由から、電話代行、テレアポによるアウトバウンドが、顧客満足度向上に対して非常に効果的です。

アウトバウンドでCS向上

笑顔で応対

電話代行の他に、顧客満足度(CS)を高めるために、アウトバウンドも有効とされております。

一見お客様に嫌がられそうなテレアポをはじめとするアウトバウンド業務ですが、実は顧客満足度を高めるために非常に重要な役割があります。
先述した、お客様からの質問やクレームに対して対応する電話代行を利用するのも確かに重要です。
それに加えて、アウトバウンドにて、既存顧客に対して、商品購入後の感想を聞いたり、新商品や新サービスを提案したりすることも重要です。
そうすることにより、この企業はしっかりしている、お客様のことをしっかり考えていると思われ、顧客満足度は高まるでしょう。
このことを、攻めのCS向上とも呼ばれております。
このアクション一つで、お客様の顧客満足度には違いが生じてきます。

相手の立場を考える

要望はしっかりメモ

例えばあなたが電話をかけたお客様であると想像してみてください。
商品やサービスに対して疑問点があり問い合わせをしたが、あいまいでしっかりと対応してくれないことがあると、その企業に対しての信用、信頼度は下がるでしょう。
そうなると、次に商品を購入しようとは思わなくなるでしょう。

テレアポやアウトバウンド業務においても同じことがいえるでしょう。
電話がかかってきた相手が適当な対応があった場合、すぐに電話を切りたくなると思います。
そうなると、顧客満足度の低下につながります。
電話代行においても、同じことがいえるでしょう。

攻めのCS向上

メモを取りながら電話応対

顧客満足度向上(CS向上)を目指すために、電話代行サービスを行う企業もあります。

自社の商品、サービスに対する問い合わせ、クレーム対応をアウトソーシングとして専門の会社に依頼します。
そのことにより、その対応に自社の社員をあてる必要がないため、大幅な人件費、時間、労力、維持管理費といったコストを削減することができます。
顧客満足度を向上させるためには、お客様の問い合わせに対して真摯に対応することが必要です。
お客様のお問い合わせに対してしっかり向き合い、質問一つ一つに対して丁寧に応え、間違いや失敗に関してはしっかり謝罪し、ご指摘に対してお礼や感謝をすることで、お客様はその企業を信用、信頼するようになるでしょう。
その対応により、お客様の次の商品、サービス購入につながる可能性が高くなります。

テレアポやアウトバウンドも、同じで、しっかりした対応が必要です。